×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ
マカは栄養の缶詰
マカはアブラナ科に属する多年草で、世界で最も標高が高いペルー山中4000mの高地で栽培されています。カブと同様の膨らんだ根は辛さと甘さを抱き合わせた風味があって、焼いたり煮込みなどして食べます。インカ帝国の時代には、インカの軍隊が領土を得る際、地方の町娘に燃え上がらないようにマカを食べることを禁止し、そのかわりに活力を和らげる植物を与えていたそうです。マカはアンデス地域で数千年から栽培され、滋養食材として貴族の間で重宝されたきました。その後、一時絶滅の危機に直面しましたが、1980年代に入って、有益な植物であることが再認識され、ペルー政府の肝いりで増産が奨励されてきました。 乾燥マカは米はトウモロコシ、あるいは小麦に勝る栄養成分を持ち、その上、アルギニン酸やリジンを初めとする必須アミノ酸も豊富に含まれ、マカにはさらに、ビタミンB1、B2、B6、ミネラル(カルシウム、リン、鉄、亜鉛)なども含まれています。 まさにマカは栄養の缶詰といっても過言ではない。マカは健康増進に役立つ自然植物です。

マカの形はかぶによく似ており、外の皮の色は、白、黒、紫、黄色など十種類ほどあるようです。栄養分はあまり変わりませんが、濃い色の方がアントシアニンやアルギニンが多く含まれていることと、乾燥したときに日光か集まりやすいので栄養価が高くなるようです。マカは、インカ帝国の時代から現地の人々に親しまれていました。別名アンデス人参と言われている程栄養価の高い食品です。当時は、精が付く闘争力が増す、などの理由から特別な食べ物として、王や貴族、戦いに行く前の戦士が食していたそうです。古来、マカを使用していた者にとって、「マカで長寿になる」「マカで健康になる」という言い伝えがあったことは不思議ではありません。太古の時代から世代を渡って語り継がれてきたこの言い伝えは、女性における不感症及び男性におけるインポテンスを緩和する能力、内臓の滋養強壮剤の強壮効果、月経の調節因子、そして更年期障害の症状緩和同様、人類そして家畜における繁殖力の向上です。また、栄養失調、病み上がり、記憶障害、精神的衰弱、及び一般的強壮剤にも推奨されています。高温植物としての関節炎予防の特性において、呼吸器疾患の治療にも使用されています。

◇参考サイト
マカでパワフルに | マカ推進倶楽部 | マカは万能 | 健康維持 | マカは最強 |
マカは優れた天然植物 | マカの効用 | マカと生活 | マカは万能の食物 |
マカと健康食品 | サプリ研究会 |